図書目録

書  名 都市と不動産の経済学
副  題
シリーズ
著訳編者 ウィートン / ほか著 (ウィートン)
瀬古 美喜 / 訳 (セコ ミキ)
黒田 達朗 / 訳 (クロダ タツアキ)
著者紹介 訳者:慶應義塾大学経済学部教授/名古屋大学大学院環境学研究科教授
本体価格 菊判 / 496 頁 5,000円
刊行年月 2001年7月
在庫有無 在庫有り
ISBN 978-4-423-85103-6     c3033
書名(カナ) (トシトフドウサンノケイザイガク)

内  容 ミクロとマクロの経済理論を踏まえて、都市と不動産を体系的に分析する経済モデルを提供。住宅から業務用まで広範囲の不動産市場に焦点を当て、立地選択や不動産市場の機能を具体的なデータと豊富な図表を活用しつつ、巧みに解説する世界的に定評の教科書。わが国の抱える、交通混雑・狭い住宅という市民生活上の問題、更に不良債権問題、不動産の証券化・流動化、地方社会の活性化など緊急テーマを考える上で、示唆に富む基本文献として推奨する。Denise DiPasquale,William C.Wheatonn,Urban Economics and Real Estate Markets,1996
目  次 不動産市場入門/賃貸市場と資産市場 不動産市場の動き 不動産市場のミクロ経済学的分析/都市の土地市場 都市の住宅市場 企業の立地選択、雇用の分散化と多都心型都市 小売立地と市場競争 不動産市場のマクロ経済学的分析/経済成長と大都市圏における不動産市場 住宅財市場 住宅サービス市場 大都市住宅市場の循環変動 非居住用不動産市場の働き 大都市のオフィス・工場用市場の計量経済的分析 不動産市場に対する地方政府のインパクト/地方政府、固定資産税と不動産市場 公共財、外部と開発規制
書  評 【特集紹介】 瀬古美喜・黒田達朗・酒井健 / 特集・都市と不動産の経済学 / 「創文」437号
【書評】 目良浩一(南カリフォルニア大学教授) / 米国における都市の経済学と不動産業界の動向 / 「創文」440号
【原書書評】 瀬古美喜 / 書評:Urban Economics Real Estate Market / 「住宅問題研究」1997年10月

閉じる

Copyright (C) 2011,株式会社創文社 All Rights Reserved.