図書目録

書  名 法の生成と民法の体系:無償行為論・法過程論・民法体系論
副  題 広中俊雄先生傘寿記念論集
シリーズ
著訳編者 林 信夫 / 編 (ハヤシ ノブオ)
佐藤 岩夫 / 編 (サトウ イワオ)
著者紹介 林京都大学教授・佐藤東京大学教授
本体価格 A5判 / 804 頁 19,000円
刊行年月 2007年1月
在庫有無 在庫有り
ISBN 978-4-423-73108-6     c3032
書名(カナ) (ホウノセイセイトミンポウノタイケイ)

内  容 無償行為論・法過程論・民法体系論の三部構成のもと,気鋭の研究者による論考20篇をおさめる。無償行為論 関係の無償性と対象の無償性(高橋清徳) 無償行為論の再検討へ(大村敦志) イルニ私法八四章<九表B欄九―一〇行>「悪意でなされたと主張される、組合、信託若しくは委任各訴権以外」条項について(ディーター・ネル・西村重雄訳) 「勅法彙纂」にみる贈与の機能変化(林信夫) 居住の無償供与をめぐる普通法学の解釈覚書(田中実)江戸時代の買戻しについて(吉田正志) 法過程論 市民社会論のルネサンスと市民法論(広渡清吾) 消費者信用と裁判所利用(高橋裕) 法廷にあらわれた仲裁(北野かほる) 離婚事件における弁護士の役割(村山眞維) 「司法過疎」とは何か(樫村志郎) 法務省における法案策定と検察官(福島至)
目  次 民法体系論 憲法の視点からの民法?(中村哲也) サヴィニーの類推論について 断章Ⅱ(児玉寛) 法制定の重み(亀本洋) 内縁準婚理論と事実婚の保護(水野紀子) 環境利益保護と民法(吉村良一) 消費者団体訴訟の法形成機能について(佐藤岩夫) ドイツ債務法現代化法における買主の追完請求権について(岡孝) 広中民法学の労働者像(山野目章夫) 広中俊雄先生略歴・著作目録
書  評

閉じる

Copyright (C) 2011,株式会社創文社 All Rights Reserved.