図書目録

書  名 ホッブズ 人為と自然
副  題 自由意志論争から政治思想へ
シリーズ
著訳編者 川添 美央子 / 著 (マワゾエ ミオコ)
著者紹介 聖学院大学政治経済学部准教授
本体価格 A5判 / 266 頁 5,500円
刊行年月 2010年2月
在庫有無 在庫有り
ISBN 978-4-423-71073-9     c3031
書名(カナ) (ホッブズジンイトシゼン)

内  容 17世紀のヨーロッパに生きた思想家は、いくつもの難題に直面していた。人為と自然、精神と物体、そして認識と存在。キリスト教共同体とコスモロジーの動揺は、一方では人間を自己の存在の主体としつつ、他方では存在のもろさを露呈させたからである。しかも、人間存在には強さと弱さが共存するという自覚に、自然についての学の展開が重なり合う。まさにホッブズは、人間は精神を持つ肉体として自ら決定できる、しかし物体の運動には全て法則がある、という両立困難な二側面に正面から向き合った。だからこそ彼は、言語のありかたと物体の運動から根源的に考え抜き、人間の情念にも眼を向ける。そして、決定論を直視しつつも、人為的な秩序を作り出そうと苦闘する。自由意志論争から論を起こし、ホッブズの政治思想における精神の役割を探究する本書は、スコラ哲学の伝統を視野に入れつつ、大陸の合理主義的哲学と共通の地平に立ってホッブズの政治思想を捉えようとする、独創的な業績である。
目  次 序論(問題の所在/研究史) 1章=ジョン=ブラモール(自由意志論争の背景/スコラ哲学の継承) 2章=自由意志論争におけるホッブズの視座(自由と強制/熟慮と選択/国家と個人) 3章=制作と二つの自然:『物体論』をめぐって(三つの原因概念/運動一元論の難点) 4章=情念論とその政治的射程 5章=政治思想における人為と自然 結論=自然の変容と国家の制作 補論=ホッブズ研究史の一断面(ソレル/ザルカ)
書  評 【自著】 川添美央子 / 『リヴァイアサン』の光と影 / 「創文」529号
【書評】 上野修(大阪大学) / 国家を制作するのはだれか / 「創文」533号
【書評】 中金聡(政治哲学) / 2010年上半期読書アンケート / 「図書新聞」2010年7月24日

閉じる

Copyright (C) 2011,株式会社創文社 All Rights Reserved.