図書目録

書  名 フィレンツェ共和国のヒューマニスト
副  題 イタリア・ルネサンス研究
シリーズ
著訳編者 根占 献一 / 著 (ネジメ ケンイチ)
著者紹介 学習院女子大学国際文化交流学部教授
本体価格 A5判 / 364 頁 6,500円
刊行年月 2005年10月
在庫有無 在庫有り
ISBN 978-4-423-46059-7     c3022
書名(カナ) (フィレンツェキョウワコクノヒューマニスト)

内  容 イタリア・ルネサンス、そしてその中心となったフィレンツェ共和国(1282年~1532年)。ギリシャ・ローマの古典文化との関連でこの間の歴史が考察されるが故に、ルネサンスという時代概念が用いられる。また今日ではこれと分離し難い概念として、ヒューマニスト(ウマニスタ)が存する。特定の時代に生まれ、やがてヨーロッパ各国で定着するが故に、人文主義者と邦訳せずに用いられる。ならば、共和国のルネサンスはいかにあり、同国のヒューマニストたちはいかなる人たちであったのか。これらを知るべく、レトリックと自由の意義が歴史的に探究され、文化と政治の担い手たちが群像豊かに叙述される。彼らは古典的教養(パイデイア、フマニタス)を積みながら、政府官房の公務に勤しむ点で異彩を放つ。研究史上の名高い概念、「市民的ヒューマニスト」と称されるのは彼らのことであり、公私にわたる彼らの活動が点描される。
目  次 序論:ルネサンス文化の時代的特徴 第1章:レトリックの伝統と社会 第2章:1400年代(クワトロチェント)フィレンツェ史論 第3章:共和政的自由と書記官長 第4章:メチェナティズモと知識人 第5章:メディチ体制下の市民的ヒューマニストと新文化 結語
書  評 【書評】 池上俊一(東京大学) / ヒューマニズムの使命 / 「創文」484号
【特集】 根占献一:池上俊一:伊藤博明 / 特集:イタリア・ルネサンス研究 / 「創文」484号
【特集】 山田弘明:片岡瑠美子:川村信三 / 特集:知のネットワーク / 「創文」486号

閉じる

Copyright (C) 2011,株式会社創文社 All Rights Reserved.