図書目録

書  名 アジア神学講義
副  題 グローバル化するコンテクストの神学
シリーズ
著訳編者 森本 あんり / 著 (モリモト アンリ)
著者紹介 国際基督教大学人文科学科教授
本体価格 菊判 / 244 頁 3,800円
刊行年月 2004年6月
在庫有無 在庫有り
ISBN 978-4-423-30119-7     c3016
書名(カナ) (アジアシンガクコウギ)

内  容 代表的神学者四人を取り上げ、共感的理解とともに必要な批判を加えて紹介する、わが国初のアジア神学入門。神学に本質的な論題を問い直すアジア神学を、キリスト教二千年の歴史に新たに加えられたキリスト教神学の生ける伝統の証と捉えて、互いに隔たった伝統的神学と伝統批判的神学とを結ぶ一つの架橋の試み。文化・経済交流が進む東アジア圏の相互理解を考える上でも示唆に富む好著。
目  次  序章 なぜ「アジアの神学」か 「文脈化神学」の現在 授業の風景から 神学と伝統 神学と正統 アンドルー・パク――「罪」の補完概念としての「恨」 「恨」の概念 恨の構造類型 恨の晴らし 神学的折衝 C・S・ソン――「応報の神」へのアジア的批判 『第三の眼の神学』 『アジアの母胎からの神学』 『イエス――十字架につけられた民衆』 民衆の信仰と神学の任務 小山晃佑――対立と受容の背面構造 日本の神学と小山 『富士山とシナイ山』 対立と受容の背面構造 方法論的な反省 アジア神学の特殊性と普遍性 ジュン・ユン・リー――文脈化のもたらす新たな相克 三位一体論と神学の可能性 陰陽の哲学 陰陽の三一論的理解 アジア的な三位一体論 アジア的三一論とジェンダー理解 三一論的倫理 三位一体論のアジア性 結章 総括 文脈化の諸類型 宗教混淆と二重信仰 文脈化と歴史の重層性
書  評 【自著】 森本あんり / 歴史概念としてのアジア / 「創文」467号
【紹介】 (昌)「書評欄」 / アジア的な文化背景を文脈とした独創的な研究 / 「毎日新聞」2004年8月15日
【書評】 芦名定道:片山寛:小泉仰 / 特集:アジア神学講義 / 「創文」470号

閉じる

Copyright (C) 2011,株式会社創文社 All Rights Reserved.